ポーターの3WAYのブリーフケースのタンカーとヒートを比較してみた

ポーターのタンカーの3WAYビジネスバックパック

今回は、ポーターの3WAYのブリーフケースのタンカーヒートを比較してみました。

「3WAYのブリーフケースがいいけど、タンカーとヒートで迷っている」という人や「3WAYのブリーフケースがいいけど、タンカーも人気だけどヒートも人気なので違いが気になる」という人もいると思います。

そんな人の為に、表にして分かりやすく違いを紹介しますよ。

タンカーとヒートのどっちの方が自分に合っているのか知りたいですよね!


タンカーとヒートのどっちの方が自分に合っているのか知りたいですよね!

今、タンカーにするかヒートにするか迷っている人は、これを見ればどっちにすればいいか決められるかもしれませんよ。

それでは、実際にタンカーとヒートの3WAYブリーフケースを使用している人の口コミなど一緒にご紹介しますね。

スポンサーリンク

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとヒートの比較

それでは、ポーターの3WAYブリーフケースのタンカーとヒートの違いを見ていきましょうね。どっちが自分に向いているでしょうか?


タンカーの生地は、アメリカ空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフに開発したナイロンツイル(表面)+ポリエステル綿(中間層)+ナイロンタフタ(裏面)のオリジナルの3層構造生地でとても軽く、裏面には鮮やかなレスキューオレンジを使用しています。

中には、ペンが収納できるスペースがあり、反対側には透明ビニールの収納スペースがあります。

外側には、2つの収納スペースがあるのもとっても便利です。

それに比べ、ヒートの生地は、車のエアバッグや防弾チョッキにも使われる耐熱・耐摩擦・引裂強度に優れた66ナイロン糸で織り上げた日本製のバリスターナイロンをメイン素材にしていて、一部には工業用資材として用いられる耐水性の高いターポリン生地を使用していてわりと頑丈でカッチリとしています。

ポケットは、外側に1箇所、内側4箇所あります。

タンカーのサイズは3つあり、色もブラック、アイアンブルー、セージグリーンの3色あり、ヒートは、現在ブラックの1色のみです。

タンカーとヒートの重量を比べると、ヒートはタンカーの約1.3倍の重さがあり、タンカーの方が圧倒的に軽いです。

タンカーは防水ではないので、雨の日は防水スプレーが必須ですが、その分、ヒートは水に強いので、雨の日を気にする人で防水スプレーをいちいちかけたくない人におすすめです。

また、ジップトップとしてPORTERの刻印入りマグライトが付属しています。

専用ケースに、保証書・電池・キーストラップとともに収納することが出来ます。ハードに使ってもへこたれない頑丈なつくりで、長く愛用できるのが魅力です。

タンカーのアルミファスナーやスナップボタン、ナスカンなどの金具類は使うにつれて経年変化が現れるように、あえて塗装が剥がれるようにしています。

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとヒートを購入した人の口コミ

タンカーとヒート、どっちがいいのかわからなくて迷っているという人は口コミをしっかりチェックしましょうね!

ポーターの3WAYビジネスバッグのヒートとタンカーで迷ってタンカーを購入した人の口コミ

 
 
◆購入者さん/評価:★5
自転車通勤のため、3wayのビジネスバックを探していたところ、こちらの商品を見つけました。頑丈そうなヒートと迷いましたが、ショップで実際に比べてみたところ、タンカーのほうが断然軽く、タンカーに決めました。背負った感じも体にフィットします。色はシルバーグレーをチョイス。ビジネス用としても問題なく、光の加減で色合いが変わり気に入っています。

タンカーは柔らかくてシャカシャカとして軽い生地でできています。

営業の仕事で資料やPCを持ち運ぶ人や自転車通勤の人はストレスがありません。

◆正解/taka901さん/評価:★5
ヒートのトートバッグからの買い替え
まずヒートとタンカーの3WAYで検討 重さと質感でタンカーの圧勝
重量2/3でリュックのときヒートは背中がごわごわした
肩掛けのときヒートは素材と縫い目が硬すぎてスーツが擦り切れそうです
トートバッグはヒートの圧勝でしたが今回はタンカーの圧勝でした
つぎにブラックとシルバーで検討 結局何時もどうりのブラックに
チャックが大きく開くのでリュックにしても中の物を出し入れしたり
探すのが簡単でリュックを検討している人にもお勧めです
今回の買い物は大正解でした

ヒートのデザインもとても素敵なのですが、生地がタンカーに比べると硬めです。

その分タンカーは、3レイヤー生地がとても軽く、それなのに丈夫に作られているのが長所です。

◆通勤バックとして購入しました/だいず2012さん/評価:★4
ポーターの3WAYバック。タンカーとヒートで迷いましたが、毎日の自転車・電車通勤を考えタンカーを選択。
○:やはり軽い。※同サイズのヒート(1545グラム)と比較して、500グラム弱
×:外側のポケットがマジックテープなのですが、出し入れが多いのでボタンだけが良かったかな?
購入して思いましたが、遠距離通勤であればバックの軽さは重要ですね。

外側のポケットのマジックテープが強力で、少し使いにくいという声があります。

しかし、短所はそのくらいなので、その短所さえもこの軽さがカバーしてくれます。

なんといっても、長距離の通勤時には欠かせないアイテムとなるでしょう。

ポーターの3WAYビジネスバッグのヒートとタンカーで迷ってヒートを購入した人の口コミ

◆プレゼントに♪/スネオ3196さん/評価:★5
プレゼント用として購入しました。以前、同じ人にタンカーのビジネスバッグをプレゼントしているのですが、荷物が多く中のビニールが破れていたのが気になっていたので、より生地がしっかりしてそうなこちらを選びました。タンカーをプレゼントした時より少し大人になり、こちらのデザインのほうが今は良いと気に入ってもらえました!リュックにできるところも良かったようです。zこの鞄を選んで本当に良かったと思いました。
 
タンカーは耐久性があるとはいえ、流石に荷物を多く入れすぎると中の生地が破れてしまったりします。

柔らかい素材のタンカーが少し不安という人は、ヒートが向いているかもしれませんね。

◆タンカーからの買い替え/購入者さん/評価:★5
タンカーのブリーフケースを6年程使っていました。
それと比べると自分的にマイナス点は以下です。
・重い
・生地が固い(厚めの物を入れる時の柔軟性に欠ける)
・前面ポケットの収納力
ただ全部分かってて、デザインと丈夫そうなところに惹かれて買ったので、トータルでは満足しています。
タンカーも丈夫でしたが、こちらにはもっと期待しています。
 
前面ポケットに関して言えば、ヒートは1つしかないので2つあるポーターが便利です。

防水性に関しては、ポーターは防水ではないので、ヒートが耐久性と耐水性に優れています。

ポーターを使用するときには、雨の日はしっかりと防水スプレーを吹きかけないと中の書類がビショビショになってしまう可能性があります。

◆このエリアにレビュータイトルを記入します。/らい子1109さん/評価:★4

初めてのヒートです。
3wayが良いと思って、ヒート、タンカーと迷いましたが、仕事の時に使うので、雨に強そうなヒートにしました。少し重たいけど、リュックにしたときに肩ひもがしっかりクッションが付いていて背負うのも楽そうです。このバッグを相棒に仕事を頑張ります。

ヒートは、カバンのマチが深めで、内部の収納力はしっかりしています。

外側の収納は浅いポケットが一箇所なのでタンカーに比べると少なく不便です。

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとヒートそれぞれ向いている人について

あなたは、タンカーとヒートどちらが合っているでしょうか?それぞれに向いている人はどんな人なのかをまとめてみました。

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーが向いている人

・軽めの3WAYのバッグを探している人
・柔らかい生地のバッグを探している人

ポーターの3WAYビジネスバッグのヒートが向いている人

・防水の3WAYバッグを探している人
・かっちりとした型崩れしないバッグを探している人

まとめ

今回は、ポーターの3WAYのブリーフケースのタンカーヒートを比較してみました。

どちらの方が自分に合っていたでしょうか?

どちらも丈夫で長く使えるメイドインジャパンのこだわり抜かれた3WAYバッグです。

長い間、あなたと共に活躍してくれること間違いありませんよ。

是非考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました