【3WAY】ポーターのタンカーとTUMIのAlpha 3のバッグを比較してみた!メリットとデメリットも!

ポーターのタンカーの3WAYビジネスバックパック

今回は、ポーターの3WAYのブリーフケースのタンカーTUMIのAlpha 3について比較してみました。

「3WAYのブリーフケースがいいけど、タンカーかTUMIのAlpha 3で迷っている」という人や「3WAYのブリーフケースが欲しいけど、タンカーも人気だけどTUMIのAlpha 3も人気なので違いが気になる」という人もいると思います。

そんな人の為に、表にして分かりやすく違いを紹介しますよ。

タンカーとTUMIのAlphaのどちらが自分に合っているでしょうか?

今、タンカーにするかTUMIのAlpha 3にするか迷っている人は、これを見ればどっちにすればいいか決められるかもしれませんよ。

それでは、実際にタンカーとTUMIのAlpha 3の3WAYブリーフケースを使用している人の口コミなど一緒にご紹介しますね。

スポンサーリンク

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとTUMIのAlpha 3比較

それでは、ポーターのタンカーとTUMIのAlpha 3の3WAYブリーフケースの違いを見ていきましょうね。どっちが自分に向いているでしょうか?


ポーターは吉田カバンのプライベートブランドであり、製造は日本で職人の手作業で行っています。

タンカーの3WAYバッグの内側ポケットは5個 ペン入れは2個あります。

タンカーの素材は、アメリカ空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフに開発したオリジナルの3層構造生地を採用していて、軽くて丈夫です。

TUMIは、1975年にアメリカのニュージャージー州サウスプレーンフィールドで設立されたブランドで、世界の各拠点で生産されています。

主に生産拠点は、中国、タイ、台湾、ドミニカ共和国、ドイツ等です。

TUMIのポケットの数は全部で13個あり、外側に2個、内側に11個あります。

TUMIのAlpha 3 はFXTバリスティックナイロンというオリジナル素材を使用していて、こちらは、超高密度ナイロンに特殊なコーティングを施した素材であり、最高基準の耐久性・耐摩耗性です。

また、HTLSポリエステルやコーテッドキャンバス、カーボンファイバーなども使われていて、生産拠点はさまざまですが、品質基準が厳しいのでを耐久性は他に劣りません。

重さは、圧倒的にポーターの方が、TUMIの2分の1以上軽いです。

軽さに関しては、ポーターの圧勝です。

値段は、ポーターのスモールサイズがTUMIのスリーウェイブリーフと同じくらいのサイズなのですが、TUMIの値段はポーターの2倍の値段設定です。

 

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとTUMIのAlphaを購入した人の口コミ

 
タンカーとAlpha 3、どっちがいいのかわからなくて迷っているという人は口コミをしっかりチェックしましょうね!


ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとTUMIのAlphaと迷ってタンカーを購入した人の口コミ

◆仕事用で購入/寒がりパパさん/評価:★4
TUMIのビジネスバックを5年程から出張用で使用してましたが、非常にバック自体が重くて。。

ポータータンカーが軽量化で丈夫であると思い購入しました。
3WAYでスーツにも違和感なく使用出来ており、今後長年活躍してくれそうです。

タンカーはポーターの3WAYバッグの中でも圧倒的に軽量です。

一度使うと他には浮気できなくなるでしょう。

◆リュックスタイルが軽快!/購入者さん/評価:★5
TUMIからの買い替えです。TUMIとの比較になりますが、やはり軽さとデザインが最大の決め手です。リュックスタイルで使用することを想定して購入しましたが、ジャケットだけでなくスーツでも問題なく合います。若さも演出できるかなと勝手に思っています。サイズについても、本を数冊持って通勤するようでしたら「中」が一番良いかなと私は思います。MADE IN JAPANの良品です!
なんといっても、安心安全の日本製です。

何かトラブルがあったときでも安心して修理を頼めるところがいいですね。

◆出張用/くんくんはるなさん/評価:★5
購入前にTUMIなどと比較しながら、意外にTUMIを持っている方が多かったのでこちらにしました。
またサイズもポーターは豊富で、もうひとつ小さいサイズと迷いましたがこのサイズにして良かったです。
タンカーは荷物を入れて無い時、大きさ的には気になりませんし、出張などでも1、2泊なら十分だと思います。書類関連と衣服関連に分かれている所がお客さんの前で衣服を見せずに済むのでポイントです。今後ガンガン使っていきたいと思います。
仕切りがあるので、書類と衣服が分けられるのもポーターの魅力の一つですね。

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとTUMIのAlphaと迷ってTUMIのAlphaを購入した人の口コミ

タンカーとTUMIのAlpha 3と迷って、その後にTUMIのAlpha 3にした人の口コミを探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。


そのため、TUMIのAlpha 3の口コミからタンカーとは違う点をご紹介しますね!

◆やっぱりかってよかった/購入者さん/評価:★5
今まで、7年間、TUMIの鞄を使っていましたが、持ち手の革の部分が、少しへたれてきたので、買い換えです。
耐久性が高く、ポケットが多くて実用的なので、もう他の鞄は使えません。
今回は、通勤で歩く距離が長くなったので、スリーウェイのタイプにしました。
在宅で使用するパソコンも、専用の収納スペースがあるので安心です。

ノートパソコンを収納するスペースもしっかりとある所は、タンカーにはない部分ですね。

◆11年間壊れていない/セロムさん/評価:★5
11年間、出張や外回りの営業職で使用していますが、壊れる気配がありません。荷物をパンパンに入れすぎて形がくずれたのか、斜めに立っていますが。おおむね満足です。

TUMIのAlphaも大切に使えば10年以上は持つようですね。

その部分は、タンカーと同じで、タンカーも10年から20年以上使用している人が多い印象です。

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーとTUMIのAlphaそれぞれ向いている人について

ポーターの3WAYビジネスバッグのタンカーの方が向いている人

・軽さを求めている人
・メイドインジャパンの製品がいい人

TUMIの3WAYビジネスバッグのAlphaの方が向いている人

・アメリカブランドの製品がいい人
・ノートPC専用の収納スペースが欲しい人

まとめ

今回は、ポーターの3WAYのブリーフケースのタンカーTUMIのAlpha 3を比較してみました。

どちらの方が自分に合っていたでしょうか?

ポーターは、1962年に立ち上げられた吉田カバンの自社ブランドで丈夫で長く使える、メイドインジャパンのこだわり抜かれた3WAYバッグです。

TUMIは1975年にアメリカで創業されたブランドで、アメリカのビジネスマンに長く愛され続けている3WAYビジネスバッグです。

どちらも、長い期間あなたの為に活躍してくれること間違いありませんよ。

是非考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました